hiroblo(ヒロブロ)

埼玉で個人事業を行うhiroのブログ

「モノを売るスキル」を身につけよう!

6月29土曜日、場所は六本木。

アカデミアジャパン様のオフィス一室をお借りして、はじめてのフリマの森実践会をおこないました。

 
余談ですが…

六本木にはいつも大江戸線で行くのですが、六本木駅は深さが地下42.3メートルもあるそうです。

地上のビルに換算すると、なんと10階!!

僕はいつも、地上まですべて階段で上がりますが、とにかくキツい。

後ろをふりかえると・・・たいてい誰もいません(^^;

f:id:yasuragidou:20190705100611j:plain

今回は重い荷物を抱えて、でしたが、最後まで階段で登りきりました。

これってけっこう、今のコンディションがわかるんですよね。

 

今回の実践会、僕は司会進行と撮影部隊として参加。

完全に裏方です。

講師のひろ子さんも「フリマの森ブログ」を書いているので、僕はまた違った視点から書いてみたいと思います。

 

今回は初めて、しかも比較的直近での受付スタートということもあり、参加者は少なめでしたが、その分、濃い実践会となりました。

f:id:yasuragidou:20190702191856j:plain

自己紹介からはじまり、勉強会へ。

その前に、参加者の方へひろ子さんからサプライズのプレゼント!

前の晩に遅くまでかかって作ってきたそうです。

名前入りです。

フリマの森の仲間、一人一人の方への想いが伝わってきます。

 

今回の勉強会のテーマは、みんなが気になる「仕入れ」について。

まだ今まで公開していない、ひろ子さんのおすすめの仕入れ先リストをシェアしてくれました。

 

皆さん、真剣です。

f:id:yasuragidou:20190702191751j:plain

手作り商品をつくっています。

f:id:yasuragidou:20190702192001j:plain

できた作品(お守り)を撮影、いよいよメルカリに出品です。

f:id:yasuragidou:20190702191829j:plain

実践会の後は、楽しい懇親会!

 盛り上がって、終了予定時間より2時間もオーバー!!

最後、参加者の方からご感想の動画をいただきました。

 

こうして無事、初めてのフリマの森実践会が楽しく終了。

皆さん、お疲れ様でしたー!

 

フリマの森に関しては、いろいろな方からいろいろなご意見をいただいています。

 

今日は、ある方から、

 

「メルカリとかヤフオクって、自分でできちゃうから、塾に入るまでもないのでは?」

 

という意見をもらいました。

これはむちゃくちゃ貴重な声です! 

というのも、僕たちは「フリマの森」を、単なるメルカリなどのフリマアプリ塾、とは考えていないからです。

 

皆さんご存知のように、終身雇用や年金の制度がこれからどうなっていくのか?わからない状況になってきています。

これはもう、だいぶ前から予測がついていることなのですが。

いずれにしても、これからの時代のことを考えると、会社や国に頼らず、自分自身でゼロから稼ぎ出すスキルを身につけていく方がいいと思います。

まちがいなく。

我々の親世代ように、退職金と年金だけでそれなりに悠々暮らせる時代ではなくなっていくのでしょう。

 

かといって、いきなり高額な開業資金を使って起業、ではハイリスクすぎます。

 

定年退職してから、僕らのような整体・治療業界に入ってくる方も多いですが、今やこの業界も超激戦に突入しています。

単に施術の技術を学んだだけでは、稼げなくなってきています。

いくら高い技術があっても「売るチカラ」、総合的なマーケティングスキルがないと、お客様はだれも来てくれません。

f:id:yasuragidou:20190703073213j:plain

まずは資格をとって・・・

という方も多いですが、今は弁護士でさえなかなか稼げない時代。

サラリーマンの方とほとんど変わらない給料で働いている弁護士さんもたくさんいます。

僕の友人の弁護士も、10年くらいかかって弁護士になったものの、ずっと雇われ弁護士として働いています。

弁護士という資格があってさえも、独立して稼ぐためにはやはり「売るスキル」が必要なのです。

 つまり・・・

何をやるにしても、自分自身でお金を稼ぎだすためには、まったくのゼロからできるだけ多くのお客様(見込み客)に見つけてもらい、単発でなく継続的に買っていただき、ファンになっていただき、できれば他の人にも広めていただく。

この一連の流れを自分でできるようになるための、

「売るスキル」

がぜったいに必要になる、ということです。

 

メルカリがいいのは、初期投資や固定費がまったくかからない(通信費を除く)という点です。

出品して、売れた時しか手数料が発生しないので。

これが、自分でお店を出すとなると、ほんとうに大変!

店舗を借りるときは、当然家賃が毎月かかりますが、その前に保証金やらなんやらで、家賃一か月分の何倍かのお金が必要です。

また2年に一度、更新があるのでその月は家賃×2か月分が必要。

売れても売れなくても、容赦なく家賃はかかってきます。

水道光熱費、通信費などの固定費も、売り上げに関係なくかかります。

 

さらに、モノを売るとなると、仕入れて在庫をある程度用意しておかなければなりません。

そのための「仕入れ資金」もかなり必要。

仕入れた商品がすべて売れればいいのですが、売れ残るという「在庫リスク」がつねにつきまといます。

 

その点、メルカリで不用品から売れば、仕入れ資金も必要なく、不用品をできるだけ売って現金化して、そのお金を仕入れにまわせばいいのです。

仕入れも、できるかぎりムダのないように仕入れるコツを身につけていく。

上手に仕入れれば、在庫リスクもかなり減らせます。

 

もうひとつ、とんでもなく大事なことがあります。

メルカリには「すでに人(見込み客)が集まっている」ということ。

しかも無料で。

どういうことかというと・・・

たとえばあなたが、ネットショップを始めるとします。

ドメインをとり、サーバを借りてサイトをつくり、公開しました。

さて、アクセスは・・・?

そのままでは、砂漠でお店を始めるようなものです。

ここに「広告費」が必要になってきます。

もしくは、高額な固定費がかかるショッピングモールを使いますか?

 

メルカリをやったことがある方はお分かりと思いますが、たとえば不用品を出品すると、すぐにアクセスが集まり始めます。

僕が少し前に出品したイスは「直接取引」に限定しているのでまだ売れてないのですが、それでも「いいね」が12個、この商品へのアクセスは312あります。

広告費など一切かけずにこれだけの人に見てもらうのは、すごいことなのです。

 

人生のできるだけ早い時期に、しっかり「モノを売るスキル」の基礎をつけ、磨きをかけていって、より高額なものでも・・・モノでなく、サービスなども売れるようにスキルアップしていくのです。

たとえば「お店をやりたい!」と思ったとき、この「モノを売るスキル」が必ず活きてきます。

 

「フリマの森」の本質は、個人が「売る(稼ぐ)スキル」を高めるためのトレーニングの場なのです。

 

「あぁ、メルカリのやりかたを教える塾ね・・・」とフリマの森を考えているのでしたら、それは違うのです。

今日言われたように、メルカリで不用品を売るだけだったら、わざわざお金を払ってまで学ぶ必要はありません。

無料や安価で学べる情報がいくらでもあるからです。

 

僕たちが取り組んでいるのは、フリマアプリという「ほぼNOリスクなサービス」を通して、基本的なこと・・・商品のみせかた、説明のしかた、撮影のしかた、梱包や発送のしかた、お客様とのコミュニケーションやサービスの本質・・・などなど、モノやサービスを売るために必要なエッセンスを学び、身につけていただくことなのです。

 

基本的なことを適当に、軽く考えると、すぐに壁にぶつかります。

 

ひとつひとつのプロセスで、よりうまく、賢くやる方法があります。

このプロセスを経験することで、モノを売る以外の能力も高まっていきます。

 

さらに、僕がいちばん重要と考えているのは、

「うまくいくまであきらめない、やりぬく力」

です。

ちょっとやってみてうまくいかない、売れない・・とすぐにあきらめてやめてしまうのではなく、売れないなら売れないで何が原因なのか?とことん追求して改善する。

売れるまで、何度も何度もしつこく改善を続ける。

 

そうやって売れたときの感動は、他にたとえようがありません。

 

フリマの森の本質は、「売るスキル」をつけるために欠かせない、

「うまくいくまであきらめない、最後までやりぬく力」

をつけていくということにもあるのです。

 

できない理由は、探そうとおもえばいくらでも見つかります。

 どんなに高額な塾に入っても、自分自身が行動しなければ結果はゼロ。

僕自身も、6か月で50万円近くする塾に入りお世話になっていますが、6か月前の自分とはそうとう違う自分になっているのが分かります。 

それは、5月の最高にハードな日々を過ごしたことが大きいです。

朝から夜中まで、本業と作業。休みはほとんどなし。

こんな1か月を過ごすのは、自分ひとりでは絶対にできません。

塾に入ったからこそ、できたこと。

お金を払うことで、さらにサポートしてもらうことで、いい意味で自分を追い込むことができるのです。

 

ちょっと厳しいことを言うようですが、いちばん大事なのは、自分自身で「結果を出せるまでやる!途中でやめない」と決意することだと思います。

モノやサービスを「売ろう!」と思ったとき、いきなり最初からうまくいくということは、ほとんどありません。

ほとんどの人は、しばらく試行錯誤して、だんだん売れるようになっていきます。

これって、スポーツでも楽器の演奏でも、どんなことでも同じですよね。

最初はぎこちない。

でもあきらめずに練習していくことで、だんだんうまくやれるようになっていく。

 

ひとりでは、くじけてしまうかもしれません。

でも、仲間がいればがんばれる。

 

フリマの森には、「フリマの森の素敵な仲間たち」がいます。

 

ここでは僕はコンテンツ制作担当のためほとんど表に出ませんが、仲間の皆さん全員に、売るスキルをしっかり身につけていただきたいと思っています。

音楽活動再開?!

この2か月以上、本業のサロンと「フリマの森」コンテンツ制作だけに絞って取り組んできました。

絞ってきたというより、他のことに取り組む余裕がまったくなかっただけなのですが(^^;

最近になってようやく少しフリマの森の作業が落ち着いてきたので、他のことを再開できるかな・・という状況になってきました。

僕にとって初めての「フリマの森」での動画制作やテキストなどのコンテンツ制作は、

僕の個人事業史上、最大の学びであり、最高の刺激を受け、そしてその分プレッシャーも半端なくありました。

高速道路のSAからPCで動画アップしたり、人生初のフリーマーケットに出店したり・・・とにかく初めてのことだらけで、この辺のお話はまた、あらためてじっくりできればと思います。

f:id:yasuragidou:20190615174651j:plain

フリマの森では、たくさんの一流のスタッフの皆様と関わらせていただきながら進めていくため、最初の1~2か月は本当に必死。

丸一日オフ日がまったくない状態が何か月も続いていることに気づきました。

 

このタイミングで、ずっと封印してきた音楽を少しずつ再開しようか、と思い始めています。

本業もフリマの森のコンテンツ作業もまだまだ忙しいのですが、いろいろと考えた末、やっぱり僕の個性というか、エネルギーのもとというか、人生の軸って音楽だなぁ・・と。

僕がいちんばん自分らしさを表現できる音楽を、少しだけでもやることで、かえって仕事にもいい影響があるのでは?と思うに至りました。

そこで今回から、僕の音楽活動についても記載していきたいと思います。

音楽活動といっても、かなり時間を使ってしまうライブ活動の封印を解くにはまだ早く、当面はたまにひとりでスタジオに行って数曲、弾語りを収録するレベルになりそう。

それくらいなら、仕事や作業の合間、1時間もあればできます。

まだまだ演奏する時間はとれそうにないので、今までほとんど公開してこなかった過去の弾語り映像を少しずつ紹介していきます。

今回は、大好きなオフコース小田和正さんの曲で「哀しいくらい」を弾語りしたものです。

世の中にはすごい人がたくさんいて、YouTubeを見ると、小田さんに声質も歌い方も、演奏もそっくりな方が動画をあげていたりします。

ハイトーンの男性ボーカリストって意外にたくさんいるんですね。

僕はピアノ一本でどこまで表現できるか?をテーマに、自分なりに演奏できればと思います。

 哀しいくらい(オフコース)を弾語りしました【hiroの弾語り集】 - YouTube

「ボロボロ放置自転車」再生、復活物語

僕は今まで、メルカリに出品したことがありませんでした。

 

 一度、自分で何かをメルカリに出品してみたい・・・ ずっとそう思っていました。

でも、実際にやろうとすると意外にハードルが高く、売りたい不用品はたくさんあるのに「いつか・・・」と思いながらずっとそのままになっていました。

 売りたい商品はあっても、いざ出品!となると、

 

「写真はどうやって撮ればいいの?」

「商品説明はどう書けばいいんだろう?」

「発送方法がいろいろありすぎてわかりにくい!」

「購入者さんとのやりとりはどうすればいいんだろう・・」

 f:id:yasuragidou:20190529074159p:plain

 

と、あれこれ疑問、不安が出てきて、結局いつも

 

「またあとでいいや!!」

 

となってしまうんです(-_-;) 

きっと、そういう人って多いんだろうな・・。 

メルカリへの出品さえハードルが高い。

そんな僕がなぜか最近「フリマ塾」に関わることになり「これはもう、やらないわけにはいかないだろう・・」と覚悟を決めて、あるものを出品してみることにしました。

 「あるもの」とは、だいぶ前から気になっていた、1台の自転車。

f:id:yasuragidou:20190523182143j:plain

 この自転車はもともと僕の物ではなく、ある人がだいぶ前に中古で買ったもので、ほとんど乗らずに駐輪場に放置してあったのです。

この写真ではちゃんとスタンドで立ててありますが、それまではこの駐輪場の奥で倒れたままの状態。

ホコリをかぶって真っ白でとにかく汚い、前後のタイヤはぺしゃんこ、チェーンは外れたままでサビつき、いつ撤去されてもおかしくない状態。

なんとかギリギリ撤去からは逃れていました。

 このままにしておくと、もしかしたら明日にでも、撤去されてしまうかもしれない。 

 今回、所有者からこの自転車を譲り受けて、メルカリで販売OKをもらいました。

 なぜ今回、この放置自転車を再生して売ろう!と思ったのか?というと・・・

 

僕は中学生の頃から自転車が大好きで、休みになるといつもサイクリングに出かけていました。

高校時代には、行きつけのサイクルショップで、アルバイトをさせてもらっていました。

時給はたしか500円だったと思います(^^;

そこでは、パンク修理からはじまり、タイヤ交換、新車の組み立て、パーツの交換・・などなど、あらゆることを経験。

もちろん、古い自転車をキレイにメンテナンスして販売、というのも何度も経験していました。

 ただ、今回譲り受けた自転車はかなりひどく、よく調べるとペダルや変速機なども油切れでほとんど動きません。

 ほぼ廃棄処分レベルだったと思います。

f:id:yasuragidou:20190523182212j:plain

こんな状態で再生、メンテナンスしたところで、メルカリで本当に売れるのかな・・と思いました。

 でもここは、僕の自転車再生テクニックと、僕も関わるメルカリ塾の実力の見せ所!

 「とにかくやってみよう!」

と、再生作業に着手することに。

 ↓作業を始める前に撮影した、証拠映像です。

youtu.be

 まずは、ずっと外れっぱなしになっていたチェーンをはめ、自転車全体につもった大量のほこりを洗い流し、ダメになっていたタイヤのバルブを交換!

 バルブは、近所の100円ショップで2個セット108円で売っていました!

しかも、虫ゴム不要!

これを買ってしまう方が、虫ゴムを交換するよりずっと楽です。

 バルブを交換してペチャンコになっていたタイヤに空気を入れてみると、パンクはしてないようでした。

しかも、タイヤの状態は思ったほど悪くない。

 タイヤ交換となるとけっこうコストがかかるので、売れたとしても利益がほとんど出ないと思います。

 タイヤが大丈夫だったとしても、バルブ口がダメになっていると空気はすぐに抜けてしまいます。

バルブ口の交換なんて、ほんの1分もあれば終わるのですが、これを知らないと自転車屋さんにもっていって直してもらうしかありません。

 何とか一通りメンテナンスが終わると、続いて細かいところのクリーニング。

 f:id:yasuragidou:20190523182232j:plain

あれほど汚れていた自転車も・・・

f:id:yasuragidou:20190523182223j:plain

どんどんキレイになっていきます!
再生自転車をきれいに見せるにはいくつかのポイントがありますが、いちばんは車と一緒で、タイヤやホイールまわりをきれいにしておくことが重要!

これが汚いと、いくら車体をキレイにしても全体が汚く見えてしまいます。

 自転車の再生販売でいちばん大事なのは「この自転車をできるかぎりピカピカにして、もう一度愛用してもらえるようになってほしい」という「想い」なのかもしれません。

 廃棄寸前の自転車が再び活躍する姿をイメージすると、わくわくします。

楽しいからこそ、このような作業もできてしまうんです。

 すっかりきれいになったところで、メルカリ出品に向けて撮影開始!

最初とくらべていかがでしょうか?!

f:id:yasuragidou:20190523183121j:plain

かなり、輝きを取り戻しました。

1つの作品が仕上がった感じで、つい眺めてしまいます(^^;

 せっかくキレイになったので、外ではなく室内で撮影!

外で適当に撮影するより「大事にしている感」が出ると思います。

買う人にとっても、大事にしてもらっている自転車の方が、欲しい!って思いますよね。

中古の物を売るとき、単に「モノ」だけを売ろうとすると、あまりうまくいかないと思います。

「モノ」に「想い」を乗せる、むしろ「モノ」ではなく「想い」を売る

 商品への「想い」を、写真や説明文で表現するのです。

 メルカリでは10枚の写真が撮れるので、さまざまな方向から商品の状態がそのまま伝わるように撮影します。

 いちばん大事なのは、傷など問題個所を隠さないこと!

 そうでないと、後になってクレームにつながる可能性があります!!

 傷や問題のある個所も含めてすべて見てもらい、それでもOKという方にだけ購入を検討していただきます。

 もちろん、商品の説明文にも問題個所についてすべて書きます。

 そして、最後にもう一度、購入者に商品説明や写真を確認してもらいます。

 商品写真と説明は、メルカリ出品では特に重要なポイント!

 これって、人も同じですね。

いい面だけでなく、ネガティブな面も含めた全体が、ありのままの人の魅力。

いい面だけ出そうとすると、どこかでうまくいかなくなりますし、疲れます。

 

 ということで、いよいよ「必ず出品する!」と決めた日になりました。

この日は日曜日で用事があり、午後から出かけることになっていました。

 そこで、あらかじめ商品写真を撮影、説明文もスマホのメモに書いておいて、出品作業のときにコピペするだけにしておきました。

 写真さえ準備しておけば、それ以外の作業はどこでもできるので、どこからでも出品できます。

場所を選ばないというのが、メルカリの最大のメリット。

店舗型ビジネスでは絶対考えられないですね。

 この日、用事が終わったらもうすっかり夜。

日曜日の夜はメルカリをやる人が増える、ということで、先延ばしはできません。

 いよいよ初めての出品!

というより、大事に育てた娘を嫁に出すような心境?!

 写真をそろえ、説明文も設置。配送方法や販売価格などを決め、すべての準備が整ってからいよいよ出品ボタンをタップ!

完ぺき!!

 ・・・・ここで一瞬、手が止まりました。

 なにしろ、撤去されていてもおかしくない廃棄寸前の自転車を今回、6,800円という値段で出品するのです。

 通販サイトを調べてみると、同じような自転車の新車が10,000円くらいで変えます。

 僕は正直、この自転車にこの料金を払うなら、新車買う方がいいのでは・・などと考えてしまいます。

僕はもっと安い価格設定をしていたのですが、「値下げ交渉」に備える必要があるそうなので、思い切って高めの価格設定に。

そして・・・・

勇気を出して出品ボタンをタップ!(ついタップにチカラが入ってしまいました)

 すると・・・出品直後にコメントが!!

「送料がどのくらいかかりますか?」という問い合わせでした。

本当にびっくりしました。

残念ながら、遠方のかたで送料がかなりかかってしまうので、今回は見送っていただきました。

 今回は出品商品が自転車、ということもあり、遠方に送るには高額な送料がかかってしまいます。

下手すると、新車の方が安いという状態。 

そこで今回「近くにお住まいの方限定」とさせていただきました。

近くだったら、取りに来てもらうか、車で届けることができるからです。

メルカリには、こういう出品方法もあるのです。

送りにくい大きな物を売りたいときにおススメ!

 ただそうなると購入対象者がかなり絞られてしまうため、購入へのハードルも上がります。

結局、出品当日は問い合わせが2件、いいねが7件入りました。

 そして翌日。 

「いいね」は増えていくものの、購入したいという方はなかなか現れません。

 やっぱり、この自転車がこの値段、しかも地域限定じゃ売れないよな・・・と思いながらも、あきらめるわけにはいきません。

 なぜなら、売れた時点で、今回の「ボロボロ放置自転車再生、販売物語」を公開することにしていたからです。

 「説明文にちょっと手を加える」など、とりあえずできることをやってみると、アクセスと「いいね」がどんどん増えていきます。

 そこでタイミングをみて、価格を1000円近く下げてみました。

 すると・・・瞬時に、近くに住んでいるという方からコメントがありました。

 「もう少しお値段下がりませんか?」という交渉でした。

 そこで「5500円まで下げます!」と伝えたところ、すぐに交渉成立!

 無事、ご購入いただきました。

 出品からおよそ24時間。

 廃棄自転車状態から再生のためのメンテナンスをしてわずか4日

 商品販売代金は5,500円、販売利益は4,950円になりました。

 証拠はこちら↓

f:id:yasuragidou:20190528100726j:plain

 

f:id:yasuragidou:20190528100801j:plain

取引メッセージでのやりとりを重ね、代金が入金され、引き渡しの日も決まりました。

とうとう、この自転車の新しいオーナーと、活躍の場が決定です!

自転車はタダで譲ってもらったものだから、かかったコストはバルブ代の108円のみ!

まとめると、

 ・5月17日金曜日、自転車のクリーニングと修繕作業

・5月18日土曜日、自転車の撮影と商品説明文作成

・5月19日日曜日、夜、外出先で出品

・5月20日月曜日、夜、購入者決定

・5月25日土曜日、購入者へ引き渡し

 という流れになります。

  【放置自転車の再生、出品作業を終えて】

今回、初めてメルカリに出品してみたわけですが、実際にやってみると本当にいろいろなことが分かりました。

 まず、すべての過程において「これでいいのかな・・??」という不安があること。

商品の状態、商品写真の撮りかた、商品説明文の書きかた、配送方法の決定、価格設定、お客様とのやりとりなどなど・・・・

 大事なポイントがいくつもあります。

 これが、初めての人にはわかりにくい。

 僕は、知識としてはひととおり理解しているはずでした。

それでもいざ、自分でやってみると「これでいいのかな・・・?」という不安ポイントがいくつも出てきます。

 一人でやっていたら、きっと途中でやめていたことでしょう。

 今回、メルカリ塾(フリマの森)講師の高橋さんに、すべての過程でアドバイスをもらいながら出品しました。

疑問があるとその都度、すぐに教えてもらえるので、本当に助かります。

 あんなに汚くてボロボロだった放置自転車が息を吹き返し、たくさんの人に「欲しい!」と思っていただけるようになり、最終的に条件にぴったり合う人に買ってもらえた。

 これって、すごいことだと思うのです。

 世の中の放置自転車をかたっぱしから再生して、再び欲しい人に愛用してもらえるようにするなんていうことも可能なのかもしれません。

(本業があるのでできませんが・・)

 長期間放置されていたものが息を吹き返し、メルカリというサービスを通して、本当に欲しい人のもとに届き、再び愛用してもらえるようになる。

モノがあふれる使い捨て社会に、こうしたメルカリのようなサービスが出て広まっていくことで、物を大切にする気持ちが人の間にふたたび広がっていくかもしれません。

 さて、次は何を再生して、再活躍できるようにしましょうか?!

「時間感覚」を短期間で変える方法

このブログのタイトルや雰囲気をかなり変えました。

本業であるセラピスト、という枠にとらわれずに更新していきます。

 

先日参加した勉強会の後の懇親会で、ある方から、今の自分にとってかなり大事な話を2つ、お聞きしました。

ふだんお酒を飲まない僕には非常にめずらしく、この時かなりお酒を飲んでいてヘロヘロだったのですが(^^;

今回の2つの話は、はっきり記憶に残っています。

 

1:「ゴールから逆算する」

2:「時間感覚」

 

今回は2つめの「時間感覚」の話です。

 f:id:yasuragidou:20190527133236j:plain

僕が、本業のサロンの他に「フリマの森」というプロジェクトにかかわらせていただいて、早くも1か月以上になります。

サロンもこの時期、忙しくなってくるので、とにかく時間との闘いの日々。

この2か月、完全オフ日はゼロ!

午後から休みをとる、という時でも、フリマの森の撮影を兼ねていたりします。

ただでさえいつも、一か月があっという間に過ぎ去っていくのだから、

これだけ慌ただしい日々を過ごしていると、さぞかし月日が流れるのが速いのだろう・・・

そう思っていました。

 

ところが!!

 

なぜか、この一か月がとても長く、ゆっくり過ぎていくように感じるのです。

 そんな話をその方にしたところ・・・

 

「自分の行動スピードが速くなるほど、時間の流れがゆっくりになるよね」

 

と言われました。

 たしかに、そうかもしれない!!

 特にこの1か月は、今までの2か月分・・・いや、それ以上の時間を生きている感覚。

この自分が、この限られた期間でこれだけ多くのことができるとは!

まるで、今までと違う次元を生きているような感覚にすらなることがあります。

以前だったら本を読んだりしてなんとなく過ぎていた早朝の時間に、1本動画とメールを仕上げていたりするのだから。

 

でもこれは、自分ひとりでは絶対に作り出せない状況!

 

この日のこの時間までに、これを必ず仕上げなければいけない。

そういう「締め切り」があるからこそできること。

いい意味で追い込まれているうちに、自分の中にある時間感覚が変わってきます。

 

さらに、間違いなく集中力も上がります。

だからこそ余計に、同じ時間でできることが増えるのです。

 

ということは・・・

時間感覚を変える、実際に時間の流れを変えるためには、

 

「スピード感覚の高い人と積極的に関わらせてもらう。できれば一緒に仕事をさせてもらう。」

 

これに尽きると思います。

本当の「封印」とは?

すごい結果を出している方から共通して出てくるキーワード。

それが、

「封印」

です。

結果を出そうとする目の前のことに集中するため、それ以外のことを一定期間断つのです。

たしかに、すごい人ほど、ある一定期間、ふつうに考えたら「異常レベル」でそのことだけに一点集中して取り組んでいるようです。

「封印」「目の前のことに一点集中」

こういったことは何度もアドバイスいただいていたので、理屈ではわかっていたつもりでした。

そして、自分なりに、できるかぎり他の情報をシャットアウトしようとしたり、旅行とか音楽活動、その他を封印してきた「つもり」でした。

 

でもそれは単に「つもり」だったことが、今回よくわかりました。

本当の意味では、理解できてなかったのです。

 

さすがに他の高額な塾に入ったり、情報商材を購入したり、といったことはなくなりました。

ただ、まだまだ、必要以上に本を買って読んだり、DVD教材を購入して学ぼうとしたり・・・無駄な時間も多かった。

本当に優先すべきことは、違うことだったのです。

「これ!」という一つに集中していると、他のことを学んだり、本を読んだり、趣味をやったり旅に出たり・・という気持ちになれない。

そういう時間もない。

僕の場合はもちろん本業の整体サロンがありますから、「フリマの森」とサロンで2点集中ということになります。

そうなると、本当に毎日、時間が足りない。

他のことを封印、どころか、そういう感覚すらなくなるのです。

とにかく、目の前の2つのことで結果を出す。そのために行動する。

もう、ひたすらそれしかなくなるのです。

もちろん、「音楽をやりたいなぁ」とか「旅行に行きたいなぁ」という気持ちもないわけではないのですが、今はひたすら目の前のことをやる、それだけ。

そしてそれが、つらい、というわけでもなく。

これだけハードな日々なのに、むしろ楽しいという気持ちに近いと思います。

 

このことは、「フリマの森」というプロジェクトにかかわらせていただくことで、人生初めて体験を通して学べたことでした。

今までの自分は、ほんとうに甘かった・・前の自分じゃ、望む結果を出せるわけないよな・・と実感しています。

今もまだまだ・・・ですが(^^;

「フリマの森」では、僕自身は完全に裏方です。表には一切登場しません。

では僕は具体的に何をやってるのか?

それはまだ、ここではお話しません。いずれお話することがあるかもしれませんが。

とにかくいえるのは、今までの僕にとっては、自分の限界点を超えないかぎりとてもできないことである、ということ。

他の皆さんにとってはどうかわかりませんが、少なくても僕にとっては、いろんな意味で完全に今までの自分の限界点をとっくに超えています。

だいぶ前から今日まで完全オフ日は一日もとってないし、用事があって出るとしてもつねにPC持参で、車で出るときも急ぎの作業があるときはパーキングエリアでPCを打ち込んでたりしました。

朝は7時前から、夜は12時近くまで、食事など最低限必要な時間をのぞき、サロンをやってるか作業してるかどちらか。

いかに今までの自分がのんびりしていたか?ということを実感することになりました。

皆さんのスピード感についていくので必死だったのです。

自営でずっとひとりだけで事業をやっている人は、マイペースでいいので、そのようなパターンになっていることがあるかもしれないと今回痛感しました。

そして、不思議なこと。

「フリマの森」関連作業にそうとうな時間とエネルギーを使っているのに、逆に本業のサロンもクライアントの皆さん、すごい結果を出す方が増えている。

今日いらしたSさんも、ボディメイクを始めてまだそれほどたたないのに、それまで普通にはいていたズボンがだぼだぼになってしまっています。

きっと、僕自身も変化しているのだと思います。

ここにきてやっと、初めて「封印」ということの意味が、少しだけわかってきました。

本当の封印とは、封印という意識もなく、結果として自然にそうなってしまうこと。

そのくらい、目の前のことに集中しきっている状態だということです。

 

メルカリなどのフリマアプリ、フリーマーケットで稼ぐ実践塾「フリマの森」

f:id:yasuragidou:20190506080922p:plain

フリマの森へようこそ!

入会いただいた方から早くも好評をいただいています!

「フリマの森」スタート!

いよいよ「フリマの森」本講座がスタート!

f:id:yasuragidou:20190506080922p:plain

フリマの森へようこそ!

 

このブログでは「フリマの森」について、違った視点からお話しています。 

 

フリマの森の講師、高橋裕子さんには、僕も、かなりの数のいらない物を売るサポートをしてもらいました。

もう何年も使っていた整体用の治療ベッド(かなり重い)がいらなくなったのでメルカリで売ることにしたのですが、

7万円台で購入して何年も使ったものが、なんと5万円台で売れてしまったのです。

もちろん、手数料や送料がかかるので丸々売上げではないですが、普通だったら物置に置きっ放しになるか、お金を払って引き取ってもらうレベルだと思います。

それが5万円になってしまうのです。

これには、ほんとうにびっくりしました。

高橋さんが、商品の説明文や販売金額などを考えてくれるので、その通りにやっただけです。

この整体ベッド以外にも、数年前に購入して放置してあったウォークマン、実家にあった布団乾燥機、昔僕の父が販売していた古いミシンや小間物、ビジネス書数冊、何年も前に購入したビデオカメラ・・・などなど、次々とメルカリで売れていきました。

 

ミシンや小間物などは、僕の実家の倉庫や物置に長年眠っていたもので、そのままいけば完全に廃棄されるだけのものでした。

それを引っ張り出してきて、ミシンはきれいに磨いて出品。

とても売り物にならない昭和時代のレトロな「ひざあて」などは「年代物」としてコレクション用に出品。

これが、ホントに売れてしまうんですね。

フリマの森で「メルカリを使えばゴミがお金に替わる」という話をしていますが、まさに僕自身がそのことを何度も体験しています。

 

ちなみに、フリマの森のプロモーション動画(石田さんがインタビュアーをされている動画)で、講師の高橋さんが「友達の物を売ってあげました」みたいにお話していますが、それは僕の物のことです(^_^;

 

今回僕が「フリマの森」に関わらせていただくのも、このような高橋さんの実力を十分に知っているからです。

とにかく彼女の集中力はすごくて、時には食べることも寝ることも忘れて作業しているようです。

すごいというより、飽きっぽい僕からしたらちょっと異常なレベル(^_^;

 

高橋さんは、美容師をやめてから、スマホを駆使してひたすらメルカリ、ヤフオク、そして屋外でのリアルなフリー間ケットを愚直に実践して稼いできた人。

 

だから、今回のようなネット系のプロジェクトに関わるなんていうことは人生初で、以前情報ビジネスに関わったことがある僕がそこをバックアップしている次第です。

 

高橋さんは女性にはめずらしい進化型タイプの人。

フリマに関してもずっと試行錯誤を重ねて今に至っているため、メルカリなどフリマで稼ぎたい方を全力で応援したいとはりきっています。

フリマの森の運営システムは石田さんの会社によるものですから、安心。

僕は、石田さんと講師の高橋さんの間に入り、彼女が苦手なところをサポートしていくことになります。

 

ぜひ、一人でも多くの方にご参加いただいて、メルカリなどフリマでまずは不用品を出品して、家の中を断捨離しながら稼いでほしいと思います。

【フリマの森】へようこそ!

GWももう終わり。いかがお過ごしだったでしょうか?

 

僕は・・・といえば、このGWは、サロンもずっと休まずやっていましたが、サロン以外は、他のすべてのことを先送りにしてほぼ「あること」で始まり、そして終わりました。

正確にはGWの前からなのですが。

 

それは、

「フリマの森」

という、メルカリやフリマで稼ぐための塾プロジェクト。

f:id:yasuragidou:20190506080922p:plain

www.frm7.com

スマホでかんたん「フリマの森」へようこそ!

 

この「フリマの森」のプロモーションが「石田塾」塾長、石田さんの会社主催で昨日の午後6時にスタートしました。

じつは、この「フリマの森」に、僕もかなり関わらせていただいています。

 

今回から、何回かに分けて(一度ではとても書ききれません)なぜ僕が「フリマの森」に関わらせていただけるようになったのか、そこからどのような日々を過ごしているのか?といったお話をしていきます。

 詳細を語る前に・・・

 

この「フリマの森」ですが、昨日午後6時より、AJアフィリエイトセンターにてアフィリエイトがスタートしていますので、ぜひアフィリエイトお願いいたします!!

メルカリに興味がある方が多いのか、かなりのハイペースで登録されているそうなので、アフィリしていただくにはとても良いと思います。

すでにやっている方も多いと思いますが、フリマアプリのメルカリは、ふだんなら捨ててしまうような家にある不用品を比較的短期間で現金化することができます。

高額なお金を稼ぐのは大変ですが、数万円から十万円くらいでしたら稼ぎやすいのがメルカリです。

そんなお話を全4話の無料動画で、石田さん司会のもとで楽しく見ることができます!

すべての始まり

今年3月、僕が個別面談を受けるため石田さんのオフィスを訪れていたときのこと。

 石田さんとの会話の中で、僕のサロンにずっと関わってくれている、ある女性の話になりました。

その女性が「メルカリ」をずっとやっている、という話になったところ、石田さんが「今度連れてきて!」と言われました。

たまたま石田さんが、メルカリをやっている主婦を探されていたそうなのです。

さっそく、彼女を石田さんのオフィスにお連れしたところ・・

その場でタイアップが決定。

その人が、今回の「フリマの森」講師、高橋裕子さんなのです。

 

面談で石田さんからメルカリ塾の企画のお話をいただいた後、正直僕はほぼ100%「高橋さんはお断りするだろう」と思っていました。

というのも、彼女は表に出るのが苦手なタイプで、ネット上に自分の写真が出ることさえイヤがっていたくらい。

今回の石田さんからのお話にOKするということは、動画で出演するということになります。

それは絶対にありえないだろう・・と。

石田さんとの面談を終え、さっそく高橋さんにメルカリ塾の件を伝えると・・・

案の定「それはムリです!」と返事が。

「あぁ、やっぱり・・」と、石田さんへのお断りのお返事を考えはじめました。

ところが、しばらく考えて・・・・

「やっぱり、やります!!」

びっくりしました。

高橋さんに、やると決めた理由を聞いてみると・・・

僕が彼女にすすめて最近読んだ「ある本」の影響だそうです(その本のことはまたあらためて書きます)。

この本を読んでなかったら、絶対にお断りしていたみたいです。

ただ、高橋さんは、ネット上で見かけるような「カリスマ主婦講師」でもなんでもありません。

逆に、できるだけネット上には出たくない、匿名でメルカリを地道にずっとやっている、ごくごくふつうの主婦。

いや、ふつうの主婦より、物静かな性格だと思います。

そのような彼女を、石田さんはほんとうに塾講師として起用されるのだろうか?

もっとカリスマ主婦みたいな人の方が適確なのでは?

そんな疑問もありました。

ひとつ前のプロジェクトが「YOLOイングリッシュ」の吉野ヘシルさんという存在感のあるすごそうな女性だったので、余計にそう感じたのです。

 

ところが、そんな心配をよそに、あっけなく今回のタイアップの話が決まりました。

そして・・・今回、僕も全面的にこの「フリマの森」に関わらせていただくことになったのです。

この「フリマの森」は、僕自身にとっても、大きな大きなチャレンジでした。

 

高橋さんも僕も、少し前までまったく考えたこともなかった今回のお話に、うれしいような、不安なような、不思議な気持ちになっていました。

同時に「ほんとうに今回の企画は始まるのだろうか・・・」と、正直、半信半疑なところもありました。

僕が「治療家」をめざすのをやめた理由

いよいよ、GW目前。
皆さん、お休みが長すぎて、予定をうめるのが大変、みたいな方も多いみたいですね。

 

当サロンに来られている方で、
「私はGWに詰めてサロンに通います!」
と宣言いただいている方も。

もちろんOK!です。

サロンはほとんどGWも休みなくやりますので。

 

いくら10日間前後休みがあるとはいえ、なんとなく過ごしていたら、
あっというまに終わります。
僕自身、以前、「あれ?こんなに休みがあったのに、いったい自分、何してたんだろう・・?」と、ちょっとむなしくなったこともありました。


なにか一つでも、
「このGW、これをやった!」
みたいなのがあるといいですね。

 

僕はGW中、サロンと、今関わらせていただいているプロジェクトの作業に集中です!

人生上で「記憶に残りつづける」ような、自分自身の限界に挑戦する週にしたいと思っています。

でも、一日くらいは子供と遊んであげないと・・かな(^^ゞ

 

 

さて、今回は、
「なぜ、僕が、他の整体師や治療家の先生のような道に進まないのか?」
というお話をしてみたいと思います。

 

ちなみに僕は今、「やすらぎのsola」と新たにサロンをネーミングして、整体、こころとからだの健康サポート、ボディメイクダイエット、カウンセリング&コーチングを総合したトータルサポートサロンという立ち位置をとっています。

 

僕には、上原先生という素晴らしい師匠がいます。
お弟子さんみんなに尊敬されていて、先生のようになりたくてとことん先生の後をついていっている方々がたくさんいます。

f:id:yasuragidou:20190426162020j:plain

そういう僕も、アドバンスインストラクターというところまでいただきました。

↑そのときの写真です。

 

いずれ、さらに上のクラスを受講させていただくつもりでいますが、それはちょっと先送りしています。
じつは・・・
昨年、僕も、仲間の先生方と近い方向をめざそうと方向転換しかけたことがありました。
できるかぎり師匠のやりかた、考え方、そっくりまねてみよう・・と。

極端な人になると、しぐさ、服装、言葉遣い、などなど・・・あらゆることをマネます。
短期間で成功する方法としてよく知られているやりかたです。

 

ところが。

やはり僕にはそれは向かないことが判明。
そもそも、師匠から今の施術を学んだのも、今までの僕がやってきたことの「中身」をよりレベルアップさせるため。
それに、仲間の皆さんと同じ方向を向いていくやりかたは、自分には合わないと悟ったのです。

僕はやはり、「他の人が通らない道」を行くのが合っている、と。

それは単にひねくれてるのかもしれません(^^ゞ

健康の本質、ということを考えると、施術、治療というのはひとつのツールであり、ひとりの人をほんとうの意味で健康にするためには、さまざまな要素が必要ということを、自分の体験を通して学んできたからです。

 

からだのことで悩む多くの人にとって、施術、治療も大事ですが、同じくらい大事なことが他にもあります。

僕は、そこもやっていきたい。

 

身体のことで悩みつづける方々に、少しでも早く本来の自分をとりもどし、からだの悩みからほとんど解放された状態で、夢に向かっていってほしいから。
からだのことで悩むつらさを、充分すぎるほどわかっているから。
からだで悩む時間は、もったいない。


志なかばでこの世を去ることになった母のような人を、ひとりでも減らしたいから。
せっかくやりたいことがあるのに。


そして、10年ものあいだ、さまざまな治療院、病院、治療法を探しもとめ、けっきょく健康の本質は違うことにあったことに気づいた僕の体験を、これからもっともっと伝えていきたいから。

 

久しぶりのパワースポット【高龍神社】へ

気づいたら、前回の記事から10日以上・・・

自身が運営するサロンの大改革作業と同時進行で、僕にとって大きな、大事なプロジェクトに関わらせていただいていることもあり(近日中にその詳細をお知らせします)、毎日がとんでもないスピードで過ぎていきます。

 すごいチャンスでもあるので、一日一日を「マイ日報」で、時間をムダにしないように、行動に漏れが発生しないようにしながら管理してます。

 マイ日報とは、最近買った、ある本の付属資料になっていたテンプレートをプリントアウトして使っているものですが、とても便利!

自分にとって使いやすいようにカスタマイズしていくのがポイント。

一日という与えられた時間を最大限活用するためのツールとして、日報はとてもおすすめです。

 

さて、そんなスケジュールの中、これからさらに忙しくなるのは間違いなし!

そしてもちろん、すべてを成功させたい!

サロンに来てくださっている方全員、すごい結果を出してほしい!

 ということで、先日、ある神社に、祈願と「誓い」をしに行ってきました。

ある神社とは・・・

 新潟県長岡市にある「高龍神社」。

 もう1年くらい行けていませんでした。

フルで高速道をつかっても、埼玉県所沢市からは片道3時間くらいかかるので、なかなか行けないのです。

この神社は、友人で医者をやっているS君おすすめの場。

名前の通り、龍神を祀っている神社です。

芸能人の方、プロのスポーツ選手なども多数、参拝に訪れているようです。

宮司さんがとてもおもしろい方なのですが、今回は残念ながらお留守でした。

f:id:yasuragidou:20190420191338j:plain

f:id:yasuragidou:20190420192645j:plain

 この神社の周辺地域がどうも磁場が普通ではないらしく、途中、まるで異次元に迷い込んでしまったかのような風景が目に入ってきます。

一見、のどかな田舎の風景なのですが、木の生え方とか、沼とか、ダムとか、すべてがちょっと不思議なのです。

残念ながら今回、この風景は撮影しなかったのですが。

神社のすぐ近くにある木を見ていただくと、なんとなく伝わるかもしれません。

f:id:yasuragidou:20190420191457j:plain

途中まで、下に引っ張られているように伸びながら、上に向かっている。

そういう木や草がたくさん生えているのです。

 

僕にとって、仕事、人生とパワースポットは切り離せないもの。

忙しい時だからこそ、そして重要なことをやるときだからこそ、神聖な場に自分の身を置いて、

「祈願」というより「誓い」をするのです。

「これから、全力でやり抜きます」

と。

時々「忙しいのによくそんな遠くに行けますね」という方がいるのですが、はっきりいって忙しい人ほどフットワークも軽いことが多く、

時間が余ってるから行動できる、というものでもありません。

優先順位の問題だと思います!

小田原の「ういろう」に行ってきました。

 埼玉県所沢市の整体サロンやすらぎどう、ヒロです。

日々、バタバタと過ごしているうちに気がついたら前回更新から一週間以上たっていました(..;)

毎日、信じられないような速さで時間が過ぎ去っていきます。

 

さて。

今回は「ういろう」についてのお話をしていきます。

「ういろう」ってご存じですか?

そう、ようかんのような、もちっとした米粉でできたお菓子ですよね。

僕は、ようかんよりういろうの方が甘さ控えめで食感も好きなのですが、

今回はそのういろうではありません。

 

最近、サロンに通われているYさんから、生薬の「ういろう」のお話をうかがいました。

生薬の「ういろう」は650年の歴史があり、今も小田原でその伝統を守り続けられている。

あらゆる症状に効果があり、Yさんによると、ういろうを飲み続けている人は90歳以上でもお元気な方が多いとか。

これはぜひ試してみたい。

そして、もし良いようなら、身近な人たちにも教えてあげたい!

ただ、販売しているのは、神奈川県の小田原にある「株式会社ういろう」のみ。

生薬の通信販売はおこなっておらず、小田原まで買いにいくしかないという。

しかも、平日の10時から午後5時までしか営業していない!

「それじゃ、なかなか行けないなぁ・・」と思っていたところ、先週、一日だけ午後サロン予約の変更が相次ぎ、行けそうな雰囲気!

ということで急遽、車で片道2時間くらいかかる小田原まで行くことに。

ふと空を見上げると・・・

f:id:yasuragidou:20190409221049j:plain

なんとも不思議な雲と光が。一定方向に向かう大きな雲で、僕が「龍雲」と呼んでる雲です。

これは「Go!」ということか?!

 

そして無事、小田原に到着。

ういろうの外観。完全にお城です。

f:id:yasuragidou:20190409214812j:plain

生薬、ういろう

f:id:yasuragidou:20190409214943j:plain

f:id:yasuragidou:20190409215011j:plain

買えるのは、ひとり2箱まで。

さっそく少しずつ飲み始めています。粒がとても小さいので飲みにくいですが、なんとなく効いている気がします。

経過はまた今後。

 

こうして無事「ういろう」を購入し、せっかく車で小田原まで来たので少しだけ江ノ島に寄ることに。

f:id:yasuragidou:20190409214310j:plain

日が暮れゆく江ノ島から、富士山がみえました。

江ノ島は、大好きなのですが、夜の店じまいがとても早い!

島に着いたころには、次々と店のシャッターが降り始めていました(ーー;)

早々に島をあとにすることに。

 

平日だったせいか、ルート134号はめずらしくガラガラに空いている。

これなら、もしかして・・・いつも駐車場がいっぱいでなかなか入れない超人気のカレーやさん「珊瑚礁」に寄れるかも!

と思ったら、案の定、空いてました!

ということで、初めての珊瑚礁へ。

目の前に海が広がる(といっても暗くて海はほとんどみえない)窓際の素敵な席に案内され、注文。

まずはサラダから。

新鮮な魚貝類がたくさん!野菜は下に隠れています。

f:id:yasuragidou:20190409214840j:plain

つづいてカレー。

f:id:yasuragidou:20190409214915j:plain

やわらかいお肉たっぷりで、おいしかった!

ご飯の量がとても多いので、女性はごはん少なめの方がいいかも・・・

珊瑚礁江ノ島から国道134号線を鎌倉方面へ向かい左側、住所的には七里ヶ浜あたりだと思います。

お店の外側に火が燃えているのですぐわかります。

ちなみに土日はいつも車がいっぱいで、なかなか入れません。

 

以下、ういろうのHPです!

http://www.uirou.co.jp/uiro.

www.uirou.co.jp

html